病気

病気

心臓などに重い病気が見つかるとか生活習慣病になると、肉を控えてくださいと医者に言われるのでノーミートな料理を食べる必要性が出てきます。
ノーミート料理を食べることは、内臓系への負担を軽減できるため健康にもいいことなのです。
健康な人でも、肉や魚を控えてノーミート料理を食べている人とそうではない人と比べてみると、ノーミート料理を食べている人の方が心臓病を患う可能性が30%以上も低くなることがわかっています。
つまり体にとてもいい食事であるということがわかります。
肉類を食べないわけですから当然BMI指数も低く肥満体型になる可能性はかなり低くなります。
高血圧の人やコレステロールの値が高い人は、ノーミート料理を食べるようにするといいと思います。
血管を守り、脳梗塞や脳出血、心筋梗塞など重篤な病気にならないためにも高血圧などの症状がある人は特に食事に注意を払わなければいけません。
専門家の中には肉食自体が健康を妨げる大きな原因となっていて、生活習慣病を引き起こす大きな原因にもなっているという人がいます。
病気がちだった人が野菜中心の食事に変えて、健康な体になっていくことができたと話す人もいます。
さらにいうならば病気にならないため健康に生活するためには、ノーミート料理を食べるだけではなく献立全体のバランスについても見直して、1日あたりに必要とされている栄養成分をきちんと摂取できるような献立にすることが必要です。
ただし必要なものばかり買いそろえていたり、有機野菜ばかりにこだわって買い物していたりしたら経済的に辛くなってしまいます。
そのためまずはライフスタイルの中で抵抗なく続けられそうな程度で始めてみるのがいいと思います。
楽しくおいしく健康な食生活を送ることが大切なのです。