餃子

餃子

肉なしのヘルシー餃子。
ノーミート料理にした餃子の作り方を紹介します。
ノーミートなので当然肉はなし、代わりに野菜を使って餃子を作ります。
キャベツと白菜とねぎとにらを使います。
キャベツ、白菜はみじん切りにして塩を少々かけておきます。
5分くらいおいた後に水気をしぼります。
ねぎとにらとにんにくもみじん切りにします。
中華味の素とオイスターソース、塩コショウなどを混ぜ合わせて味を整えて野菜と一緒に混ぜ合わせます。
あとは餃子の皮で包んで、焼いて出来上がりです。

 

豆腐をお肉に代用して作る餃子もあります。
ノーミート料理では、肉の代わりに豆腐を使うことが良くあります。
豆腐とキャベツ、しめじなどを細かく切って炒め、オイスターソースや砂糖、しょうゆなどで味をつけて具にします。
あとは餃子の皮で包みます。
おいしく餃子を焼くポイントとしては、フライパンに油を入れてから熱します。
餃子をフライパンに並べて、水を70mlほど入れてすぐにフタをします。
中火で水気がなくなるまで焼きます。
フタを開けて餃子に焼き色がついたら完成です。

 

餃子の皮から自分で作ると、さらにボリュームが出ておいしいです。
餃子の皮は地粉500gに対して水を250g、塩を小さじ1入れて混ぜ合わせしっかりこねていきます。
生地を30分ほどねかしたあとに、綿棒でのばして皮を薄く広げていけばできます。
皮どうしがくっついてしまわないように、1枚ずつ粉をふりかけておきましょう。