無農薬野菜のデメリット

<スポンサードリンク>

無農薬野菜のデメリット

近年、「食の安全」という言葉も広まり、野菜においては「私は無農薬野菜にこだわって購入している」と言う、消費者の方も増えています。
無農薬野菜は読んで字のごとく、農薬が使われていない野菜ですから、私たちのからだにとって良いものではありますが、すべての消費者が無農薬野菜を購入しているわけではありません。
私の周囲を見ても、野菜にこだわって宅配サービスを使ったり、無農薬野菜のスーパーに行ったりする人は、ほんの一部です。
私も出来るだけ体に安全なものを食べたいと思っていながらも、安い野菜を購入してしまうことも多いですから、こだわっているほうだとは言えません。
このように、野菜の安全にこだわらない人がまだまだ多いというのは、それだけデメリットがあるからだと思います。
では、無農薬野菜のデメリットとは、どんなことなのでしょうか?

 

まずは、価格です。
スーパーの無農薬野菜売り場に並べられている野菜の値段、みなさんはチェックしたことがありますか?
生産者の顔写真や、プロフィールが書かれた紙などがつけられた、ちょっと高級そうな野菜を目にすることがありますが、あまり見ずにその前を通過している方も多いでしょうが、値段は決して安くはありません。
それに、無農薬野菜専門で宅配をしているショップの値段を見ても、近所のいつも買うスーパーと比べて、値段が安いとは言えません。
では、一般の野菜と比べて、どれくらい、無農薬野菜が高いのでしょうか?

<スポンサードリンク>