野菜と農薬続きその2

<スポンサードリンク>

野菜と農薬続きその2

農薬には二種類あり、植物が原料となったものと、化学的に作られたものです。
栽培過程における用法、用量については、農薬取締法できっちりと決まっているので、それを守って使えば、農薬が体に悪影響が出ないとされています。
反対に守っていなければ、ちょっと怖いことですが、人体に影響が出るということです。
基準がしっかりと決められているため、生産者がそれを守っていれば、一概に農薬が悪いものということでもないのです。
ですから、この点でも、生産者の顔が見えるということは、安心感を持つことができるのだと思います。

 

ただ、無農薬野菜や有機栽培にこだわる消費者は増え続けています。
いくら法律で決められているから安心と言っても、農薬は決して、体にとって、有意義なものではありません。
ですから、長い年月、体内に取り込み続けることで、将来、どのような影響が出るのかわからないからでしょう。
この点から無農薬野菜にこだわって宅配を利用する人や、生産者から直接、送られてくる、産地直送の宅配サービスを使う人が増えているです。
実は、有機野菜と言っても農薬を使っているケースもあります。
特定農薬でしたら、有機栽培でも使うことが出来るのです。
特定農薬とは、重曹、食酢、それから、害虫を食べる天敵の虫や動物は、これらに含まれます。
薬ではありませんが、これらも法律によっては特定農薬と呼ばれています。
有機栽培が農薬を使っていても安心という理由は、特定農薬だからということですね。

<スポンサードリンク>