安心安全な野菜など食材宅配

<スポンサードリンク>

冷凍保存をする前に

冷凍保存をする食材について。 安売り先でついつい食材を買いすぎたり、ご近所さんから食材を多くいただいたりして困ったことはありませんか。
頑張って食べてはみたものの食べきれずに食材を腐らせてしまい苦い経験をされた方も少なくないのではないでしょうか。

 

こんな時にはちょっと機転を変えて食材を冷凍保存できると家計にも気持ちも助かりますよね。
まず食材を冷凍保存する前に以下の3点について確認しましょう。

 

1.食材は新鮮なものを冷凍しましょう。
これから冷凍庫で冷凍しようとしている食材は新鮮でしょうか。冷凍保存をする際は、なるべく鮮度の良い状態で凍らせましょう。食材が古くなっていたり、鮮度が落ちているものを冷凍すると通常の保存期間よりも劣化していたり、傷んだりする場合もあり食あたりといった症状を引き起こす可能性もあります。食材は少しでも新鮮なものを冷凍するようにしましょう。

 

2.再冷凍はできるだけしないように。
スーパーや小売店等で売られている魚やお肉の一部は、店頭に出す事前にお店で冷凍されていることがあり、解凍されたものが切られた状態で陳列されていることがあります。基本的には一度解凍された食材の再冷凍はできる限り避けましょう。もし、再冷凍をする場合は必ずその食材が新鮮であるか否かの確認を必ず行いましょう。別の方法としては、一度味付けなどを行ってから冷凍するといった方法も可能ですよ。

 

3.冷凍庫のスペースを確認しましょう。
冷凍する為の食材を準備したのに、冷凍する場所が十分にないなんて事はありませんか。ついつい頼りがちな冷凍スペース。詰め過ぎると食材が埋もれてしまい賞味期限が過ぎてしまうことも十分にあります。日にちや冷凍庫の温度が上がりすぎていないかなど冷凍庫の管理も時々行うようにしましょう。

冷凍保存食材について記事一覧

冷凍保存できないもの

食材によっては冷凍してしまうことによって中の組織が変化してしまい、解凍をしたあとでも元に戻らないものもあります。このような場合、味だけでなく食感も変わってしまうことから食材も悪くなってしまうこともあるかもしれません。ここでは冷凍をしてしまうことによって味落ちするものを中心にご紹介します。冷凍できない...

≫続きを読む

 

肉(ウインナー、ベーコン)

ウインナーやベーコン、ハムはお弁当や朝食など現代の生活とは切ってもきれない存在ですよね。これらの加工品ですが、昔のような濃い味から薄味に変化したことにより近年は封を開けてしまうと食材の劣化が早くなる商品として知られるようになりました。是非、開封したら使用しない分は小分けして冷凍保存をしましょう。また...

≫続きを読む

 

肉(薄切り肉、厚切り肉)

スーパーのチラシや、店頭で「100グラム○○円」という安さに、つい食材をまとめ買いをしてしまうのは家計を司る者ならではの賢い選択の一つですよね。その選択がより上手に活用できるように、今回は「薄切り肉、厚切り肉」に絞って冷凍保存の術をご紹介しましょう。冷凍保存方法牛肉や豚肉のロースといった薄切り肉の冷...

≫続きを読む

 

肉(鶏もも肉、鶏むね肉、鶏ささみ肉)

からあげや煮物、バンバンジーなどといった際に必要な鶏肉。もも肉、むね肉は個人の好みがある為、どちらが適しているとは一概にいえませんが、みなさんにとって両方とも馴染みの深い食材には違いありませんよね。ここではこの「鶏もも肉」「鶏むね肉」、それと「鶏ささみ肉」の上手な冷凍保存をご紹介しましょう。冷凍保存...

≫続きを読む

 

肉(ひき肉、ひき肉を使った加工品)

ひき肉は細かくミンチされているため、表面が空気に触れやすいことからお肉の中でも大変傷みやすいとされている食材です。加工品ではなく生のまま冷凍するときには鮮度に十分に注意し、大量に購入した場合などの冷凍保存する際は少しでも早く冷凍することをおすすめします。また酸化しやすいことから、保存する際には空気に...

≫続きを読む

 

貝(あさり、しじみ、はまぐり他)

潮干狩りで元をとろうとして、つい夢中になって貝をとったことはありませんか。また、ご近所さんから一度に食べきれない量をいただいて困ったことはありませんか。貝の代表とされるあさりやしじみ、はまぐりといった食材は殻つきでもむき身でも冷凍保存が可能なことをご存知でしたか。今回は大量にあるあさりやしじみ、はま...

≫続きを読む

 

魚(イカ、エビ、タコ)

日本人にとって馴染みのあるイカとエビ、そしてタコ。馴染みが深い食材の故についつい同じような扱いに感じる方もいるでしょうが、基本的にイカとエビ、そしてタコの冷凍保存の方法は異なる為、その方法を以下のように記していきましょう。冷凍保存方法イカ イカはそもそも、解凍時などに出るドリップが少ない為、冷凍保存...

≫続きを読む

 

魚(切り身、すり身)

核家族化が進んでいる日本。そんななかお魚といった食材も切り身で売られていたり、小パックで家族に必要な分量だけのすり身が売られていたりすると便利ですよね。今では小さなパックでもグラム単位の計算がされているのがほとんどですが、お魚の半身で○○○円といったお値打ちなのに、量が多すぎて買うのを諦めてしまった...

≫続きを読む

 

野菜(アスパラガス、オクラ、さやいんげん、さやえんどう)

アスパラガスやオクラ、さやいんげんに、さやえんどう といった食材は料理やお弁当の彩を一段と華やかにしてくれるだけでなく、栄養価のある食材で知られていますよね。既にこの多くが冷凍食品としても店頭に並んでいますが、最近では「プランター菜園」や「貸し出し農園」等で時期によっては一度に大量に収穫することに...

≫続きを読む

 

野菜(カボチャ、ジャガイモ)

カボチャやジャガイモといった食材は、冷蔵や室温でも保存できる期間の長いのが特徴ですが、これらの食材は冷凍の方法によって更に重宝するということをご存じでしたでしょうか。今回はカボチャ、ジャガイモの意外と知られていない冷凍方法をご紹介します。<冷凍保存方法>カボチャ カボチャは解凍しても味や食感がほと...

≫続きを読む

 

野菜(グリンピース、そら豆)

最近、人気の家庭菜園。ナスやキュウリ、トマトに作り慣れた方はちょっと違ったものに挑戦される方も多いのではないでしょうか。そのなかでもにわかに人気なのが「さやえんどう」をしばらくおいてできる「グリンピース」や「空に向かってできる豆」という意味の「そら豆」で、一度に大量に収穫でき喜びも大きいのですが、一...

≫続きを読む

 

野菜(ごぼう、たけのこ、れんこん)

食物繊維の豊富な「ごぼう」「たけのこ」「れんこん」。「れんこん」は「ごぼう」や「たけのこ」に比べると繊維が少ない為、冷凍保存のしやすい食材の一つであります。ところが「ごぼう」「たけのこ」に至っては繊維が多い為、冷凍には向いているとはいえない食材なのですが、保存方法によって簡単に冷凍保存ができる為、今...

≫続きを読む

 

野菜(しょうが、にんにく)

料理の下味や薬味とされる「しょうが」や「にんにく」。これらは香味野菜でもよく使われる食材ですが、気付けば残りが干からびてしまったり、芽が出てしまって使い物にならなくなったりしていたことはありませんか。今回はこちらの「しょうが」と「にんにく」をムダにしない方法をいくつかあげていきましょう。<冷凍保存方...

≫続きを読む

 

野菜(長ネギ、葉ネギ、ニラ)

長ネギを始め、葉ネギやニラといった香味野菜は日常の食生活の中で欠かせない存在ですよね。もちろんこれらの食材は野菜室や冷暗所で保存をすることも十分に可能ですが、お味噌汁や冷奴など彩りもパッと明るくさせたい時など少量使用をする際、包丁やまな板を出すのも面倒だったりしますよね。事前に準備することで毎回の手...

≫続きを読む

 

野菜(ナス、トマト)

水分が多く一見、冷凍には不向きだと思われるナスやトマト。実はこれらの食材はとある方法であれば冷凍保存が可能だということをご存知でしたか。保存期間が長くなれば、これらの食材を無駄に腐らすことや焦って食べることもありませんよね。たまにはナスやトマトをより使いこなせる方法として冷凍をしてみるのも良いですよ...

≫続きを読む

 

野菜(にんじん、とうもろこし)

彩りの鮮やかな食材として青物があげられますが、にんじんの赤色やとうもろこしの黄色も食欲をわかせてくれますよね。今回は冷凍しても十分楽しめる頼もしい食材で食卓を彩ってみませんか。<冷凍保存方法>にんじん 茹でて冷凍保存をすることもできますが、大きく切ってしまうと解凍した際に中身がスカスカになってしま...

≫続きを読む

 

野菜(ピーマン、パプリカ)

ピーマンやパプリカといった食材は茹でてから冷凍をすることもできますが、今回はピーマンを生で冷凍する方法とパプリカを焼いて冷凍をする2種類の方法についてご紹介します。夏から秋にかけて収穫が続くこれらの食材、スーパーではまとめ売りされることも多い為、賢く冷凍して食材を楽しく使い回しましょう。<冷凍保存方...

≫続きを読む

 

野菜(ブロッコリー、カリフラワー)

一人暮らしや核家族の場合、ブロッコリーやカリフラワーといった食材は、一度に食べきれないと感じる方も少なくないのではないでしょうか。今回は、一度に食べきれない時や少量ずつ食べたい方を始め、一度に無理して食べきろうとすることがないよう、冷凍保存で賢く使いきる方法をご紹介しましょう。ブロッコリー及び、カリ...

≫続きを読む

 

野菜(ホウレンソウ、小松菜)

冷凍したホウレンソウや小松菜といった食材を解凍して使用した際、食感が筋っぽくなってしまったことはありませんか。これは冷凍をする際にしっかりと水分を絞り切らなかったことにより、残った水分が氷となってしまうが筋っぽい食感を残してしまうといわれています。今回はこの筋っぽさをなくした上手な冷凍保存方法につい...

≫続きを読む

 

野菜(山芋、長芋)

最近ではお店でも小売りで売られることがありますが、山芋や長芋はカットされないまま特売品として売り出されることもありますよね。お醤油で煮たり、すりおろしたり と色んな用途に使えますが、1本まるまる使い切ろうとするとなかなか大変です。そんな時、山芋や長芋をある方法を用いれば冷凍が可能であることをご存知...

≫続きを読む

 

きのこ類

食物繊維がたいへん豊富な「きのこ」ですが、これらの食材は冷蔵庫での保存期間が意外と短いことをご存じでしたでしょうか。しいたけを始め、しめじやエノキは冷凍をしても食感はもちろんのこと風味をほとんど損ないません。一度炒めたものも冷凍保存できますが、美味しさを保つ為のポイントは新鮮なうちに生のまま冷凍をす...

≫続きを読む

 

乾物(切干大根、ひじき)

ひじきは元より、切干大根は未開封の状態でも常温で長期間保存をすると変色したり、においがしたりと味も悪くなりがちになる為、冷凍庫での冷凍保存が大変便利です。どちらの食材もたっぷりとした水に、まとめて浸してもどしてから冷凍をすることもできますし、大量に煮物として作ったものでも冷凍保存をすることができます...

≫続きを読む

 

餃子、春巻き、ワンタンの皮

餃子や春巻き、ワンタンの皮などといった食材をご自宅で作られる場合、中身が足りずに皮だけ残ってしまった といった苦い経験はありませんか。最近ではこれらの皮を使ったデザートやリメイク術といった方法がテレビで紹介されていますが、残った皮をすぐに使って調理することは早々ないですよね。使用法はいくつもありま...

≫続きを読む

 

豆製品(油揚げ、納豆、おから、豆)

近年では健康食品として一目置かれている豆製品ですが、この豆製品の中でも油揚げや納豆、おから、豆の水煮は冷凍や解凍による味の変化や食感がほとんどない為、冷凍には向いているとされる食材です。特にこれらの食材はまとめ買いをする機会も多く、また豆は水に戻す作業は一晩水に浸してからでないと茹でることができない...

≫続きを読む

 
<スポンサードリンク>